てらまちプロジェクトとは

これからの尼崎も 住み続けたくなる
訪れたくなる
移り住みたくなる
働きたくなる
まちになるように

「てらまちプロジェクト」とは、尼崎信用金庫と阪神電鉄が、阪神尼崎駅南側の寺町・開明町かいわいを拠点として、2017年からスタートした地域活性化プロジェクトです。

尼崎が、もっと 「住み続けたくなる」「訪れたくなる」「移り住みたくなる」「働きたくなる」まちになるきっかけを、市民のみなさんや地元の方々とともに作り出しています。

事業一覧を見る

主催

てらまちプロジェクト協議会

てらまちプロジェクトの事業を持続的に推進していくため、2019 年 8 月に任意団体「てらまちプロジェクト協議会」を設立しました。 

会員

事務局


※本プロジェクトは、2019年度より日本財団「わがまち基金」の助成を受け、プロジェクトのさらなる推進に取り組んでいます。

各年度取り組み

  • 2019年

    • 今まで知らなかった尼崎の歴史や文化を楽しく学ぶ、気づきと発見のワークショッププログラム。

  • 2018年

    • 「訪れたくなる」きっかけづくりの一つとして、寺町・開明町かいわいの場所と結びついた新しい活動を考える、連続ワークショップ。

    • 今まで知らなかった尼崎の歴史や文化を楽しく学ぶ、気づきと発見のワークショッププログラム。

  • 2017年

    • 寺町かいわいを中心に、尼崎の歴史を学びながら今と昔を比べ、これまで知らなかった地元を再発見するレクチャー&ワークショップ。

    • 寺町・開明町かいわい以外の方にこの地域を訪れてもらうために、まちの魅力を知ってもらう活動をつくる連続ワークショップ。